WEBセミナー

  1. Home>
  2. WEBセミナー Topics>
  3. 【第30回】
【第30回】車いすにヘッドサポートを取り付けるということ
福祉用具専門相談員 見目真一

皆様、こんにちは。
また、いつもWEBセミナーをご覧いただいている皆様、大変申し訳ございませんでした。

皆様、ご存じのとおり、本セミナーは、鰍ミびきに所属している相談員が交代で担当しています。セミナーを専任で担当している訳では無く、通常業務の合間に、企画、検討を行い、実際の資料等を準備し、WEB上に公開できるような原案を作成します。
今回は、相談員としての業務を最優先させて頂いたために、セミナーに必要な資料を準備することが困難になり、更新時期が遅くなりました。
このような状況の中でセミナーを実施させて頂いておりますことをご理解いただき、今後も更新時期にずれが生じることがあるかと思いますが、ご了承いただけますと幸いです。

さて、今回のセミナーは、皆様に多く頂くご質問にお答えさせて頂きます。
日々の業務の中で、多くのご質問を頂くのですが、今回はこのような内容です。

Q 「車いすを使用しているが、頭が後ろに傾いてしまうことがあるので、何か、頭を支え られるような物(ヘッドサポート)を準備して欲しい。」

これらのご質問を頂く方々に共通している背景は・・・
・現在、生活している場所で、車いすを使い移動していることがある。
・その車いすには、使用開始当初、頭を支える必要が無かったため、頭を支える部品(ヘッドサポート)は付いていない。
このような事になります。

では、早速、このご質問にお答えさせていただきましょう。

A 「頭を支える物(ヘッドサポート)を準備する前に、車いすを使用されている方の姿勢 を観察する必要があります。」

頭が後ろに倒れてしまう方の姿勢には、ある規則性があります。
そして、その規則性は、客観的な数値で表すことができます。
これらの情報を整理すれば、最善の解決策を見出すことができます。
WEB上でお伝えできることはここまでですが、このような状況でおられる方は少なくないかと思います。
頭が後ろに倒れてしまうこと、これは、座る姿勢に何らかの問題が起きているということを如実に表しています。
適切な問題解決を怠ると、あらゆる障害に結びつく可能性があります。
関心をもたれた方は、是非、メール等で直接ご相談下さい。

今回のWEBセミナーは、簡単ではありますが、車いすに関するご質問にお答えしました。
次回のWEBセミナーも、是非、お楽しみに。

このセミナーに関するご意見・ご感想等はこちらより。お待ちしております。

リンク栃木ブレックス 匠