2010年5月 活動報告

ブレックス安齋竜三選手による「ブレックスカラー特製車椅子」寄贈プロジェクト

2010年5月6日:Ryuzo Dream Project
2010年より始めた「Ryuzo Dream Project」は、株式会社ひびき(以下弊社)&リンク栃木ブレックス安齋竜三選手の合同プロジェクトです。このプロジェクトでは、安齋選手が出場したホームゲーム1勝につき1台の「ブレックスカラー特製車椅子(弊社オリジナル)」を栃木県内の障害者・高齢者施設に寄贈いたします。記念すべき1台目は社会福祉法人鳩巣会に寄贈されました。2010年5月6日には社会福祉法人せせらぎ会に2台目、NPO法人のぞみ会へ3台目。安齋選手と共に寄贈のため訪問いたしました。

特別養護老人ホーム瑞寿苑にて弊社スタッフによる職員研修の講師

2010年5月25日:弊社スタッフ見目が講師として指導
特別養護老人ホーム瑞寿苑より、職員研修の講義依頼があり、車いすについての講義をさせていただきました。
今回は、入所中の車いすユーザーの管理を組織的に行うことができるようなマニュアルが欲しい、とのご要望により、別紙のような内容をご提案させていただきました。
シーティングチームとメンテナンスチームの2つに分かれ、車いすユーザーから、使用される車いす自体の管理まで、体系的に行われることを目標としています。 シーティングチームはアセスメント・試用評価・継続的な評価・車いす利用者の適切な介助技術についても方法を習得し、メンテナンスチームには、通常のメンテナンス方法を習得してただきました。
参加者の方々には「座圧分布測定システム」を用いて、不良座位のメカニズムを視覚的にも捉えていただけたため、不適切な車いすの適合・管理は2次障害につながることを意識していただくことができました。
車いす適合マニュアルPDFダウンロードはこちら